セルバの森の秘密

食楽プロジェクト

営業企画課 主任

分部 祥子

2012年入社

分部 祥子

「食」をもっと “楽しく” “楽ちん” に!!

◎食楽プロジェクトの目的

プロジェクト名の由来ともなる、“食をもっと楽しく楽ちんに!“を地域のお客様に提案すること。『食楽』は、一般的な「食育活動」をもっとお客様に親しみやすく、さらに楽しい食事の提案、簡単便利楽ちんに料理をしていただくお手伝いをしたいというを思いを込め名づけたセルバの造語です。また、食楽を通じて従業員の食に関する知識を深め、情報の受信・発信を勧めるなかでお客様と従業員とのコミュニケ―ションの場となるようなスーパーマーケットセルバを目指します。

 

◎活動内容

・毎月各店にて「食楽の日」を設け、その月のおすすめの商品や旬の食材をお得な情報(商品の便利な使い方や栄養素、食事バランスなど)とともにお客様に提案
・セルバの月間情報誌「食楽通信」の企画発行
・5ADAY活動(1日に野菜を350g、果物を200g摂ろう)の推進
・小学生向け職場体験イベントの実施

 

○プロジェクトの仕事で一番印象に残っていることはなんですか?

園児向けの5ADAY食育体験ツアーを実施した際、園児が真剣に私の栄養講座を聞いてくれたことです。豊かな食生活で心身ともに健康に育ってほしい!と心から思った瞬間でした。

 

○学生のみなさんへ

「好きこそ物の上手なれ」
自分の中の好きを仕事に活かせたら最高ですね。
私は、食べることが大好きです。まさに自分の好きを仕事にできていてとても幸せです。皆さんが幸せと思える仕事に巡り会えるよう応援しています!!

クレドプロジェクト

プロジェクトリーダー(商品開発部 日配バイヤー)

山口 雅仁

2001年入社

山口 雅仁

セルバが「良い会社」であるために欠かせないもの・・・クレド

◎クレドプロジェクトの目的

従業員が会社を好きになり、毎日楽しく、心地よく働ける会社にしていく事がプロジェクトの目的です。さまざまな取り組みを通じて、社内風土の改善、従業員満足の向上を図って行きます。

【CREDO(クレド)】

1 誠実で正しい商売をする―――これがセルバの商いです

1 おいしさ、べんりに、ここちよいを創造する―――これがセルバのお店です

1 ありがとう と言っていただける仕事をする―――これがセルバの風土です

 

◎活動内容

クレドとは、ラテン語で「信条・志・約束」を意味します。 企業理念に基づいて、従業員自らが解りやすく実践・行動レベルまでに落とし込んだクレドカードを作成し、一体となってお客様のお役に立てる行動を実践します。具体的には日々の業務の中でお客様から頂いた「ありがとう」や、従業員同士で交わした「ありがとう」など感謝の気持ちを、『ありがとうの声』として集め、ありがとうがあふれる社内風土づくりに取り組んでいます。

 

○プロジェクトに対する思いや、日々心がけていることはなんですか?

クレドプロジェクトは、通常の業務と違い目に見えて成果が上がる物ではありません。人の心に訴えて行く活動でもあるので、感謝の気持ちを初心として愚直に取り組む様にしています。

 

○学生のみなさんへ

いただいた「ありがとうの声」の中で特に良い事例を「輝きの声」として取り上げ月間MVPを決めて社内表彰をしています。全体研修の中で過去にMVPとなった「輝きの声」を発表しましたが、改めてセルバには素晴らしい人が沢山働いていると感動した事が印象に残っています。

当社の魅力の一つに、働いている従業員の人柄が良く、皆仲が良いことがあげられます。社会に出て行くにあたっていろいろ不安な事があると思いますが、セルバには優しくて楽しい先輩が沢山いますので安心して飛び込んできて下さい! 

photo
PageTop